MENU

井之脇海(いわきかい)は子役時代に香川照之から殴打?その真相は

 NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」に料理人の矢作役で出演活躍中の俳優、井之脇海さん(26)。

過去の主演映画『トウキョウソナタ』(’08年)にて、共演した香川照之さんに『バチコーン! とぶん殴った』という告白がありました。とテレビ関係者が伝えていた内容が、話題となっています。

今回は、井之脇海さんがその過去に香川照之さんに殴打されたという真相を調査していきたいと思います。

目次

井之脇海は子役時代香川照之に殴打?の真相

井之脇海と香川照之との出会い

12歳で出演したカンヌ国際映画祭など国内外で高く評価された黒沢清監督の傑作映画「トウキョウソナタ」(2008年)にて香川照之演じるリストラされた会社員の息子役を演じた。

井之脇海

「小学6年でした。この現場で仕事の奥深さを知り、映画の魅力が理解できた。これから俳優として生きていきたい。そう決意しました」

井之脇海

「香川さんからアドバイスされた言葉も僕の人生を変えました」

香川照之

「大学は出ておいた方がいいぞ!」

この約束を守り、井之脇海さんは俳優業と学業の両立を果たし、日本大学芸術学部を3年前に卒業しています。

井之脇海

良かったです。間違いなく。即答できます。行っていなかったら、それはそれでいい人生になったと思いますが、大学4年間の経験は本当に学びが多かったです。
たぶん香川さんも言ったこと覚えてないんじゃないですかね(笑)。

香川照之も故緒形拳にビンタされていた。

香川照之

「殴らなくていいところで殴られる」
「昭和の象徴だった緒形さんのスピリットを受け継ぎ、平成で色々な作品をさせていただいた」

香川照之

主演映画「トウキョウソナタ」(2008年)で子役を「バチコーン!とぶん殴った」
「泣いていてかわいそうだったが、『これが役者だぞ!』と植え付けた」とドヤ顔。

香川照之

「平成最後にやっておきたいことは、井之脇くんにごめんなさいと謝ること!」と頭を下げていた。

当時、12歳の少年に教育的になのか、感情的になのかはわかりませんでした。香川さんの発言はテレビ出演の一面でのことということは、当時の時代はこのような出来事が許されていたということのなりますね。

香川照之に殴打された井之脇海さんの反応

井之脇海

「1本の映画が人生を変えた」

井之脇さんは香川照之さんとの共演をこのように話し、俳優として尊敬もされているようで、本人はこの件に関しては、さほど気にしていないという感じです。

まとめ

今回は、NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」に料理人の矢作役で出演中の俳優、井之脇海さんが、過去に香川照之さんに殴打されたという真相を調査してみました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次